キケンな日焼け止めはどっち?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めは必須だけど、肌に悪そうなものはもちろん使いたくないですよね。

日焼け止めにおもに使用されているのは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。

このふたつはいったい何が違うのでしょうか。

また、肌にキケンなのはどちらでしょうか?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は、名前が似ているようだけど明確な違いがあります。

「何からできた成分なのか」というのと「どんな方法で紫外線をブロックするのか」というところです。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤は化学的な成分です。

肌の上にのせることで紫外線を吸収して、紫外線が肌まで到達しないようにガードしてくれます。

紫外線ブロックの能力が高くて、SPF値の高い日焼け止めをつくることができます。

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤は、天然からできた成分です。

肌の上にのせると紫外線をはね返して、紫外線が肌に行かないようにしてくれます。

天然生まれなので、刺激が少なく肌にやさしいといわれています。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどっちがキケン?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いが注目される部分は、とくに天然か化学成分かというところです。

その点で見ると、紫外線散乱剤のほうが天然成分なので肌にやさしいとされています。

しかし、紫外線吸収剤には高い紫外線防止効果が期待できるのでSPF値を重視するときには役に立ちます。

化学成分だからといってすべてがキケンだというわけではありません。

日焼け止めは、目的や肌質に合わせて使い分けることが大事です。