柚子の手作り化粧水のデメリット&安全な美肌ケアをする方法

柚子の手作り化粧水は、いかにも無添加で肌にやさしそうなイメージがありますが、はたして本当にそうでしょうか?

今回は、美肌効果があるといわれている柚子の化粧水を、手作りにすることによるデメリットについて考えてみましょう。

柚子の手作り化粧水の美肌効果

柚子の手作り化粧水は、おもに柚子の種を使って作ります。

柚子湯に入るときを思い浮かべてみてください。

柚子って、お湯の中でぐずぐずしているとヌメりが出てきますよね。

このヌメりが美肌の秘密で、たっぷりの美容成分を含んでいるのです。

この柚子の種から出てくる保湿効果のある成分を、焼酎に溶かし出して作るのが柚子の手作り化粧水というわけです。

柚子の手作り化粧水のデメリット

手作りのものなら、いかにも安全というイメージは確かにありますよね。

でも、手作りだからこそのデメリットというのもあるんです。

柚子の手作り化粧水にひそむデメリットとはどのようなものでしょうか?

品質が安定しない

基本のレシピとしては、焼酎に柚子の種をじっくりと漬け込んでエキスを抽出して作るのが柚子の手作り化粧水です。

でも、焼酎よりも刺激のない水を使ったり、焼酎の配合率に差があったりと、レシピや作る人の好みによって作り方にバラつきがあるのも事実。

このことによって品質が不安定になったり、保存の仕方によっても化粧水の質が変化するのはデメリットです。

傷みやすい

手作りのものは添加物が入ってないのがいいところだけど、添加物が入ってないぶん長持ちしないのが問題点。

柚子の手作り化粧水の場合、殺菌効果のある焼酎で作ったとしても、冷蔵庫に入れて1ヶ月以内に使いきらなきゃいけないというあわただしさです。

さらに不安定になる水を使って作った場合は、もっと早く傷んでしまいます。

手作りのフレッシュさが裏目に出たデメリットといえます。

デメリットを避けて柚子の化粧水を使う方法

手作りだからやさしそうで安全だと思いがちな、柚子の手作り化粧水。

たしかに、正しい作り方を学んで品質管理をしっかり行えば、安心して使える美肌アイテムとなるでしょう。

でも、なかなかカンペキな管理ができそうもないという人は、柚子のエッセンスを配合した市販の化粧水を使うのがやはりいちばん。

柚子を使ったナチュラルコスメは、保湿力があって天然の柚子の香りでお手入れが楽しくなるというメリットがあります。

柚子の美肌効果と香りを楽しむスキンケアのトライアルセット情報はこちら