真のエイジングケアはメイク落としから始まっている!クレンジングの選び方と注意するべきポイント

エイジングケアは、化粧水や美容液にだけ配慮すればいいってもんじゃないんです。

スキンケアに入る前の、メイク落としのステップからしっかり気をつかうことがホンモノのエイジングケア。

そんな、エイジングケアに意外と重要な役割を果たすメイク落とし・クレンジングについて改めて知っておきましょう。

エイジングケアはメイク落としの段階からスタート!

メイクアップもスキンケアも、そしてメイク落としやクレンジングだってすべてが大事なエイジングケア。

メイク落としやクレンジングがエイジングケアに関係するのはこんな理由からです。

  • メイクの落とし方がヘタだと肌にダメージ与える
  • メイク汚れが残っていると肌がくすむ
  • メイクの成分やホコリなどが肌を老化させる

ただ「洗うだけ」や「落とすだけ」という軽い認識から離れて、エイジングケアを意識したメイク落としを始めましょう。

エイジングケアにいいメイク落としの選び方

メイク落としからエイジングケアが始まっているんなら、しっかりと自分に合ったクレンジングを選ぶべき。

クレンジングは、肌の状態やライフスタイルなどに合わせていくつか用意しておくのも便利です。

ゆらぎ肌など敏感なコンディションのとき

エイジングケアはちゃんとしたいけど、肌のコンディションが不安定でスキンケアに困るのも大人の悩み。

肌が敏感になっていたりゆらぎがちな時期には、クリームタイプやミルクタイプのマイルドなメイク落としが○

ジェルや化粧水タイプの軽いテクスチャーのものも、洗いやすく負担がないのでおすすめです。

しっかりメイクやウォータープルーフのメイクのとき

エイジングケアのために、カバー力のあるファンデーションを使ったりウォータープルーフのメイクアップや日焼け止めを使う人も多いでしょう。

そんなときには、オイルやバームタイプのメイク落としがぴったり。

メイクの油分となじみやすく、くるくる肌をすべらせるだけでメイク汚れがするんと落ちます。

しっかり落ちるのに肌にやさしいクレンジングといえばコレでしょ!

忙しい時や手早くクレンジングを済ませたいとき

すごく疲れていたり忙しいときに便利なのはシートタイプのメイク落としです。

この場合はシートの肌触りが重要になるので、刺激がなくするっと拭き取れるような使い心地のものを選びましょう。

エイジングケアを失敗しないためのメイク落としの注意点

メイク落としはエイジングケアの始まりといえるほど大事なステップだけど、クレンジングのやりかたを間違えると大失敗です。

エイジングケアを間違えないための、正しいメイクの落とし方はこんなかんじ。

こすらない!あせらない!急がない!

メイクをしっかり落とさなきゃと思って、ゴシゴシこすったりするのNG。

肌の上を急いで洗おうと刺激を与えることで、肌にダメージがかかってシミやシワ、くすみにつながります。

ゆったりと気持ちに余裕をもって、深呼吸するようにメイク落としを進めましょう。

クレンジング剤を肌の上に長時間のせない

急いだりあせったりするのもダメですが、だらだらとクレンジングを続けるのもよくありません。

肌にやさしいものであっても、メイク落としやクレンジングには「落とす」ための成分が入っているので、落とす目的が終わったら早めに洗い流すべき。

クレンジング成分をしっかり流してから次のスキンケアにいくのが正しいエイジングケアです。

メイクは必ず落としてから寝る!

エイジングケアのためにキレイにお化粧をしていても、メイクをしたまま眠ってしまってはすべてが台無しです。

メイクの汚れは、1日ぶんの大気や皮脂の汚れの集まりです。

忙しくてすぐに寝たいときも、せめてシートタイプのメイク落としで簡単なクレンジングをすませましょう。

あのロングセラーなメイク落としをどこよりも安く買う方法は?