いつものアレがNGだった?!インナードライ肌の治し方とスキンケアの注意点

私ってオイリー肌、乾燥肌、そんな自分の肌のコンディション診断って正解のつもりですか?

パッと見だけとか、肌表面の状態だけで、自分がどんな肌質かを決めるのは早とちりかもしれません。

肌には、とっても複雑で繊細な「インナードライ肌」というタイプもあるからです。

そもそもインナードライ肌とは?

インナードライ肌というのは、一見うるおっていたり、むしろベタついていたりするのに・・・

実は、肌の内側は乾燥しているというもの。

とっても複雑な性質ですよね。

パッと見や表面上の肌触りはベタついているので、自分ではオイリー肌だと勘違いしていることもあります。

インナードライ肌を見極めるのはこんなところ。

  • 毛穴が開いている
  • 化粧くずれしやすい
  • 頬や口まわりはカサつく

インナードライ肌を見極めるのは簡単ではないのですが、

若いときのオイリーさとはなんか違う、とか、季節や体調によってベタつきとカサつきを繰り返す、

といった違和感があったらインナードライ肌を疑ってみましょう。

インナードライ肌の治し方

インナードライ肌は肌のコンディションなので、もちろんある程度スキンケアで改善することが可能です。

とくにインナードライ肌の場合は、自分がオイリー肌だと思い込んで間違ったスキンケアをしていることがあります。

その間違ったスキンケアを、インナードライ肌のためのスキンケアに切り替えることが大事です。

洗いすぎない

インナードライ肌の人は、自分の肌をベタつくと感じていることがよくあります。

そのため、洗顔のときにさっぱりするまで一生懸命洗っているもの。

洗いすぎると肌はうるおいがなくなって、過剰に皮脂を出す性質があります。

つまり、良かれと思っていつもやっていた「ごしごし洗顔」がインナードライ肌にとってNGだったということ。

過剰な皮脂の分泌をおさえるためには、これまでの洗いすぎる洗顔から、マイルドな洗顔へチェンジしましょう。

クレンジングや洗顔料は、洗い上がりがつっぱらないタイプのものを選んで、

たっぷりの泡で摩擦を起こさないような洗い方を心がけましょう。

インナードライ肌には低刺激スキンケアがおすすめ、トライアルセットなら後悔しない!

うるおいを与える

過剰な皮脂を出してしまうことがインナードライ肌の特徴。

この過剰な皮脂は、うるおい不足によって起こります。

だから、インナードライ肌を治すためには、しっかりうるおいを与えてあげることが重要です。

洗顔をしたあとには、肌が乾燥から守ろうとして皮脂を出そうとしてしまいます。

肌が皮脂を出しすぎる必要がないように、洗顔後すぐに保湿をするようにしましょう。

「じゅうぶんうるおってるから大丈夫だよ」というメッセージを肌に伝えてあげるというわけです。

油分を奪わない

インナードライ肌は、メイクがくずれやすくなるのも悩み。

そのため、メイク直しのときにあぶらとり紙で必死に肌を押さえたりします。

実は、この「油をとりすぎる」という行為もインナードライ肌には逆効果だったのです。

肌の油分を奪いすぎることで、また肌が過剰に皮脂を出そうとしてしまいます。

この繰り返しで、肌の奥は乾燥したまんまで、表面ばかりがベタついていきます。

このコンディションをストップさせるためには、油分を奪いすぎないお手入れにするべき。

メイク直しのときは、あぶらとり紙じゃなくてティッシュで押さえる程度にしましょう。

インナードライ肌のスキンケアでの注意点

このようにインナードライ肌は、勘違いや間違ったスキンケアによって悪化していることがよくあります。

インナードライ肌の治し方としては、「うるおい」に配慮することが第一優先です。

洗顔でもスキンケアでもメイク直しでも、うるおいを「奪わない」ことと適度にうるおいを「与える」ことに注意しましょう。

インナードライ肌にもやさしい低刺激スキンケアのトライアルセット情報はこちら