いちばん白くなりたい!美白有効成分の種類と化粧品の選び方

白くてシミのない肌は、私たちが永遠に目指してもなかなか手に入らないもの。

それでも、まだまだ美白を目指し続けるのがライフワーク!

といわんばかりにみんなが追求している美白ですが、

美白のために使うべき美白化粧品のなかには、「美白有効成分」というものが含まれています。

いかにも効きそうな美白有効成分という名前のもの、

この、美白有効成分というのはそもそも何でしょうか。

また、いちばん白くなれそうな美白有効成分をどうやって選べばいいのでしょうか。

美白有効成分とは?

美白化粧品に配合されている美白有効成分。

美白有効成分というのは、「美白に効果がある」として厚生労働省の認可を受けた成分です。

国に認められたものだから、さぞかし効くのであろう~、

というイメージがしますが・・・

美白有効成分の種類

美白有効成分として認められている成分は20種類を越えます。

なかでも、みんなが化粧品の配合成分としてよく見かけるのはおもにこんなもの。

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • プラセンタエキス
  • コウジ酸
  • リノール酸S

美白化粧水とかの成分表を見てみると、「あ~、この成分入ってる~」なんて思うものがありますよね。

CMとかでも、「○○配合」なんて言葉をよく耳にしているはず。

けっこう見かけていた成分、これが美白有効成分です。

美白にいい化粧品はトライアルセットで試すのが賢い!

いちばん効果的な美白有効成分

美白有効成分は認められているものだけでも20種類以上あって、

私たちの身近な化粧品に配合されている美白有効成分はいくつもあります。

たくさんありすぎて、けっきょくどの美白有効成分がいちばん効果的なのよ?

なんて混乱してしまいますよね。

でも、美白有効成分というのは、その成分の濃度や使い方によって変化があるもの。

美白の効果は、クリニックや化粧品メーカーなどによって、美白有効成分がどのように使用されるかによるものです。

だから、「○○という美白有効成分がいちばん効きますよ~」とは言えないものです。

美白有効成分入り化粧品の選び方

いちばん白くなりたいんだから、いちばん効果がありそうな美白有効成分を選びたいのが私たちの心情ですが・・・

化粧品というのは、成分の効果だけに気をとられずに、自分に合っているものを選ぶのがいちばんいいものです。

さきほど挙げた美白有効成分を頭に入れておいて、化粧品を選ぶときに成分表を見てみましょう。

「あ、これって美白有効成分だな」とピンとくる成分が載っていたら「これは美白にいい化粧品なんだな」と思ってOK。

そこから大事なのは、美白にいいっぽい化粧品だけど「はたして自分には合うのかな?」ということを考えながら選ぶこと。

香りやテクスチャー、美白有効成分以外の配合成分をしっかりチェックしましょう。

あとは、やっぱりトライアルセットなどで自分の肌で試してみることが大事です。

美白をするなら美白有効成分だけにとらわれずに、「心地よく続けられる」化粧品を選ぶことがいちばんです。

美白におすすめのスキンケアトライアルセット情報