エイジングケアに乳液がどんな役割をするのか?間違いない選び方&使い方

エイジングケアをていねいに行うためには、今まで意味を理解できていなかったスキンケアアイテムに目を向けてみることも大事です。

たとえば、化粧水でもなくクリームでもなく・・・乳液。

水分を与える化粧水と油分を与えるクリームの間のステップに使う、この乳液。

エイジングケアにおいて、乳液とはいったいどんな役割をするのでしょうか。

化粧水でもなくクリームでもなくなぜ乳液?

洗顔のあとにまず塗るのは化粧水。

化粧水には、洗顔で水分が減少してしまった肌に、足りない水分を与える役割があります。

化粧水で水分を与えただけでは、まだ水分が不安定で、角質層から水分が逃げてしまう可能性が。

そこで、意外に重要な役割をするのが乳液です。

乳液にはたくさんの水分と少量の油分が含まれているため、化粧水で与えた水分を角質層にしっかりつなぎとめる役割があります。

クリームは油分が多いため、肌の表面にフタをして角質層の水分が蒸発するのを防ぎます。

化粧水とクリームのあいだの、水分をキープするというステップを担うのが乳液なんです。

エイジングケアにおける乳液の役割

化粧水で与えた水分を、クリームで密閉する前にしっかりつなぎとめてくれる乳液。

とくにエイジングケアにおいては、この乳液の特徴がおおいに役立つんです。

肌をやわらかくする

年齢とともに肌の角質層は厚く、ゴワゴワになっていきます。

このゴワゴワ角質にうるおいを上手に行き渡らせてくれるのが乳液のちからです。

肌をやわらかくすることで、エイジングケアの目的である美白などをやりやすくします。

美白をサポート

美白をするためには、肌をふっくらキメの整った状態にすることが大事。

乳液は、肌の角質層に水分を均一に行き渡らせてキープすることができます。

みずみずしくふっくらとした肌は、明るく光をキレイに反射してくれます。

肌のターンオーバーを正常にする

肌の角質層がゴワゴワになることで、ターンオーバーが乱れてしまいます。

このままでは、肌が老廃物やメラニンを溜め込んでくすんでいきます。

こんな状態を脱出するためにも、乳液で角質層を整えることが大事です。

エイジングケアにはこんなトライアルセットがお得!

エイジングケアにいい乳液の選び方

化粧水とクリームだけでなく、エイジングケアには乳液が大きな役割をしているということがわかりましたよね。

乳液が乳液としての役割をしっかり果たすためには、こんなタイプの乳液を選ぶのが○

  • ベタつかない
  • 浸透しやすい
  • 好みの保湿成分を配合している

エイジングケアにはこんな乳液の使い方を!

エイジングケアの目的を果たすために、コンディションの整った肌に導いてくれる乳液。

とくに念入りな使い方をするなら、こんなところに気をつけておきましょう。

化粧水がしっかり浸透してから塗る

化粧水は水分をチャージするもので、乳液はその水分をキープするものです。

それぞれの役割を無駄にしないために、ていねいなステップで両方を重ねましょう。

まず化粧水をたっぷり肌に与えたら、それが浸透するのを待って、それから乳液を塗るようにします。

あせって化粧水と乳液をごちゃまぜにしないように注意しましょう。

目元や口元は重ねづけ

年齢よる悩みにも乳液はやさしくアプローチしてくれます。

目元や口元などの乾燥が気になる部分には、乳液を重ねづけするのがおすすめ。

小じわやちりめんじわをふっくらと押し戻してくれます。

最後はクリームでフタをする

乳液は油分が含まれていますが、多くは水分です。

やはり乳液だけでは水分の蒸発を防ぐことは困難だといえます。

化粧水で与えた水分を乳液でつなぎとめたら、最後はクリームで水分が逃げないようにフタをしましょう。

エイジングケアにおすすめのトライアルセット情報