敏感肌に刺激がない日焼け止めの選び方&使うときの注意点

肌を守ろうとすればするほど、どんな日焼け止めを選べばいいか迷いが出でくるのが敏感肌の悩み。

紫外線から肌を守らなきゃいけないんだけど、日焼け止めそのものに刺激があったら意味がありませんよね。

日焼け止め選びには慎重になりがちな敏感肌にとって、どんな日焼け止めを選ぶべきか、

また、敏感肌が日焼け止めを使うときに気をつけたいポイントについておとどけします。

敏感肌にいい日焼け止めの選び方

敏感肌は、スキンケアアイテムと同じように、日焼け止めを選ぶときにも慎重になります。

肌への心配を少なくして、機能性も兼ね備えた日焼け止め選びには次のようなところに気をつけましょう。

紫外線吸収剤不使用のもの

日焼け止めが、紫外線ブロック効果を発揮するためには、紫外線吸収剤か紫外線散乱剤を使われているのが通常です。

紫外線吸収剤は紫外線ブロック効果が高いのですが、化学成分となります。

紫外線散乱剤は、天然由来のものなので肌にやさしいとされています。

敏感肌の場合は、紫外線散乱剤でできた日焼け止めを選ぶほうが安心でしょう。

日焼け止めを選ぶときは、「紫外線吸収剤不使用」もしくは「ノンケミカル」と表記されたものに注目してみましょう。

ベースメイクに使えるもの

敏感肌は、肌に多くのものをのせることは避けたほうがベター。

メイクアップのためのアイテムと日焼け止めの両方をこってり塗ると、肌への負担が増えてしまいます。

日焼け止めでありながら、うすづきファンデーションとして使えるものや、ファンデーションそのものに日焼け止め効果のあるものがおすすめです。

落とすのが簡単なもの

日焼け止めは、塗るときのことだけを考えればいいというわけではありません。

塗っているあいだは肌に刺激がなくても、落とすときに負担がかかるようなものは逆効果です。

専用クレンジングがいらないものや、せっけんで落とせるタイプの日焼け止めが使いやすいでしょう。

敏感肌が日焼け止めを使うときの注意点

しっかり肌へのやさしさと機能性を考えて日焼け止めを選んだら、その日焼け止めのよさを生かすような使い方をしましょう。

とくに敏感肌が、日焼け止めを使うときに配慮したいのはこんなところです。

保湿した肌に塗る

肌のキメを整えてなめらかな状態にしておくと、日焼け止めが均一にキレイに塗れます。

日焼け止めを塗る前には、化粧水で肌全体を包み込むように保湿しておきましょう。

メイクは薄くすませる

日焼け止めが肌にやさしいものであっても、メイクが厚塗りだと肌に負担となります。

日焼け止めをなじませてひと呼吸おいてから、ていねいにうすーくファンデーションをのせましょう。

やさしく落とす

日焼け止めは、落とすまでが大事な手間です。

洗顔料やせっけんの泡を、やさしくすべらせるようにして日焼け止めを落としましょう。

SPF30のオーガニックな日焼け止めについて詳しく知りたい!

ノンケミカルなのにSPF50を実現した自然派の日焼け止めの評判は?