大人の肌荒れの原因&美肌に近づく改善・対処法

若いころとはなんだか違う大人の肌荒れ。

年齢特有の原因を知って、それに合わせた改善・対処法を実践することで、美肌に近づくことができます。

大人の肌荒れの原因

大人になると、年齢による体の不調が多くなってきます。

そのひとつが肌荒れ。

肌荒れにはいくつもの原因があるので、しっかり理解しておきましょう。

乾燥によるバリア機能の乱れ

どの年代でも共通する肌荒れの原因は、乾燥です。

乾燥すると、肌の角質層が乱れてバリア機能が弱くなります。

バリア機能が保てなくなった肌は、刺激に弱くなって、荒れやすくなります。

紫外線ダメージ

紫外線は、肌の水分を奪ったり、肌に炎症を起こしたりします。

大人になると新陳代謝が低くなるので、紫外線ダメージからの回復も遅くなり、肌荒れが治りにくくなってしまいます。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンは、肌をみずみずしく健やかに保つ作用があります。

しかし、年齢によって女性ホルモンは減少していくのが悲しいところ。

女性ホルモンの減少によって、皮脂と水分のバランスが崩れたりして、肌荒れが起きやすくなるのが大人の悩みです。

強すぎるクレンジング

スキンケアのやりかたを間違えると、キレイになるはずのお手入れで肌荒れを起こすことがあります。

とくに、大人になると悩みをカバーするためにしっかりめのメイクをするようになりますよね。

そのメイクを落とすために、一生懸命クレンジングをすることで、肌に負担がかかっている可能性があるんです。

とくに、ゴシゴシこするような肌への摩擦は、肌荒れの大きな原因だから注意!

肌荒れには刺激のないこんなスキンケアアイテムがおすすめ

内蔵の不調

肌は、内蔵の調子を映し出す鏡でもあります。

食生活の乱れなどで胃腸が悪くなると、肌にも悪影響が出てしまうもの。

とくに、便秘に悩む大人が多いのですが、これも老廃物がたまることになり肌荒れの原因となります。

自律神経の乱れ

自律神経は、体の調子のすべてに影響します。

自律神経が乱れることで、内蔵の働きが弱くなったり血流が悪くなったりして、肌荒れにつながります。

ホルモンバランスの乱れも自律神経を不安定にさせるので、大人はとくに注意が必要。

活性酸素の蓄積

酸素は私たちが生きていくうえで欠かせないものですが、活性酸素となって体にたまると老化の原因となりなます。

老化は、肌の調子を悪化させる原因でもあります。

大人の肌荒れを改善する方法

いくつもの原因が重なって起きる大人の肌荒れ。

年齢ならではの注意するべき点を理解して、改善・対処法を実行しましょう。

正しい洗顔&スキンケア

肌荒れの原因のひとつが、外からの刺激です。

紫外線や大気の汚れなどから肌を守るのはもちろんのこと、自分が行っているスキンケアも見直してみましょう。

肌に負担をかけるような洗顔や、手を抜いた保湿ケアなどは今すぐ改善しましょう。

バランスのいい食生活

肌は、食べたものからつくられます。

健康な肌をつくるには、健康な食生活をする必要があるというわけです。

たんぱく質とビタミンやミネラルなどの栄養素で肌の基本をつくって、食物繊維でお腹の調子を整えるようにしましょう。

ストレスケア&いい睡眠

自律神経を整えて新陳代謝や血流をよくすることで、肌荒れを改善することが期待できます。

ストレスをうまく発散したり、質のいい睡眠をとるように心がけましょう。

肌荒れには低刺激・無添加のスキンケアアイテムでお手入れを