正しい洗顔の仕方をおさらいしてエイジングケアを格上げ!

洗顔のやりかたなんて今さら知る必要ないって思いますか?

実は、エイジングケアにとって「正しい洗顔」をすることって意外と大事なんです。

今さら聞けない洗顔の正しい方法を丁寧におさらいしてみましょう。

エイジングケアは洗顔から見直しを

エイジングケアは、ただ化粧水や美容液でお手入れをすればいいというわけではありません。

化粧水や美容液の浸透を高めたり、ターンオーバーを促して肌を生まれ変わらせるために、洗顔から気をつかうことが大事です。

洗顔ひとつを見直すだけで、スキンケアの効果がだいぶ違ってくるはずです。

正しい洗顔の仕方

エイジングケア化粧品の成分をしっかり浸透するためにも、正しい洗顔で肌をクリーンにすることから始めましょう。

丁寧な洗顔のステップは次のようなものです。

1、手を洗う

顔を洗う前に、まず手をキレイに洗っておきましょう。

手を洗っておくことで、洗顔料がよく泡立ちます。

また、手についていた汚れが洗顔料に移るのを防ぐことができます。

2、顔を濡らす

いきなり泡を顔にのせるのではなく、顔を水で濡らしてから洗顔料の泡をのせるようにしましょう。

水で濡らすことで肌がやわらかくなって、洗顔料の泡がすべりやすくなります。

3、洗顔料を手にとる

顔を水で濡らしたら、洗顔料を手とります。

洗顔料の量は、ケチると泡立ちが悪くなって肌への摩擦が起きてしまいます。

目安は約1センチくらいですが、アイテムによって適量には差があるので、パッケージの使い方にしたがいましょう。

4、洗顔料を泡立てる

洗顔で意外といちばん大事なステップは泡を上手に立てることです。

手のひらをくぼませて、水を少しずつ加えながら、片方の手でシャカシャカと泡立てます。

空気を抱き込むようにふっくらと泡立てるようにしましょう。

ポイント!手のひらをひっくり返しても落ちないくらいの泡をつくる

肌への摩擦を起こさないためには、コシのあるもっちりとした泡をつくることが大事。

手をひっくり返しても、泡が落ちないくらいのホイップ状に泡立てるのが理想です。

5、泡で顔全体を包み込むように洗う

ボリュームのあるホイップ状の泡が出来上がったら、ふわっと顔全体を包み込むように洗います。

手でこするのではなく、泡を肌に転がすようにするすると手を動かしましょう。

ポイント!小鼻のまわりは念入りに

洗顔で見落としがちなのは、小鼻のまわりです。

指先で小鼻のくぼみを確認しながら丁寧に泡をすべらせましょう。

6、ぬるま湯で1分すすぐ

ふわふわの泡で汚れを巻き込んだら、たっぷりのぬるま湯ですすぎます。

両手でいっぱいの量のぬるま湯を受けて、顔のすみずみまでしっかり洗い流しましょう。

ポイント!生え際とフェイスラインの洗い残しに注意

洗顔料の洗い残しは、肌トラブルの原因となります。

とくに、生え際やあごの下などのフェイスラインは洗い残ししやすいので気をつけましょう。 

7、タオルでおさえるように水気をふく

しっかり洗顔料を洗い流したら、清潔なタオルで水気をふきとります。

このときも、ゴシゴシふかずに、ポンポンとやさしく肌をおさえるようにタオルを当てましょう。