逆効果!美白のためにベースメイクを間違ってませんか?

ベースメイクをするときも美白を目的としてせっせと下地や日焼け止め、ファンデーションなどを塗っている人は多いですよね。

美白をベースメイクでもきっちり行うことはエイジングケアに適していますが、今やっているベースメイクの方法が正しいかは疑問だったりします。

美白のためと思ってベースメイクを逆に間違っているパターン

美白しなきゃと思ってベースメイクのときも一生懸命たくさんのメイクアイテムを駆使していますか?

良かれと思ってやっているベースメイクが、逆に肌に負担をかけて美白ケアが台無しなっている可能性があります。

美白しようとして多くのベースアイテム塗りすぎている

美白したいならもちろん紫外線をブロックすることが必須。だから、ベースメイクでは、化粧水・美容液・下地は数種類・・・日焼け止めとコンシーラーにファンデーション、仕上げにパウダーもしなきゃ・・・なんていくつものアイテムを塗っていませんか?

肌にベースメイクアイテムをのせすぎると、ベタつきや毛穴の詰まりが起きてしまい汚れがたまってしまいます。そうすると毛穴が黒ずみ、美白の目的が果たせません。

ベースを塗りすぎて化粧くずれが起きて美白も台無し

ベースメイクをこってり塗りすぎると、ひび割れするように化粧くずれが起きるのはよくあること。

せっかくのベースメイクがくずれてしまっては紫外線を防ぐことができずに美白の道も遠のいてしまいます。

ベースメイクが濃すぎてクレンジングで肌に負担をかけている

メラニンを増やしてしまうのは、紫外線だけでなく肌への摩擦も原因のひとつ。

ベースメメイクが濃いと、クレンジングの際に時間がかかったりこすったりしてしまうことがあります。このような刺激はくすみを生むので美白を目指すなら避けたい問題です。

美白しながらキレイにベースメイクをするには?

美白をきっちりしたいのに、ベースメイクをがんばりすぎちゃダメってこと?なんて戸惑ってしまうかもしれませんが、美白のためのもっと上手なベースメイクの方法があるんです。

美白をちゃんとしながらキレイに仕上がるベースメイクというのは次のようなもの。

  • 薄づき
  • クレンジングが簡単
  • 肌にやさしい成分でできている

このようなベースメイクができると、肌に負担がなく美白を目指すことができます。